忍者ブログ
日刊よしぞーplus:原則木曜、日曜はお休みです。

 「…は?」

水をうったような静寂があたりを支配する。
一同…その場にいた者みな、信じられない気持ちであった。

 「…どうしました?インドカレー様…いえ、皇帝」
 「いや…あの…本当に?」
 「はい。このようなこと恐れ多くて嘘などつけません」
 「…謹んでお受けいたします」
 「よかった。これで私も献帝の元へ帰れます。では、禅譲の儀式がございますので…1ヵ月後、長安までお越しください」
 「わかりました」

立ち去る使者。
 「…やりましたな!ご主君!」
いつの間にか後ろにいた蒼欄の声を引き金に、漣のように広がる歓喜の声。
 「インドカレー様、万歳!」
 「皇帝陛下、万歳!」
禅譲を受けたと言う噂はあっという間に町中、そして城内へと伝わり…

その日から数日間は宴会の騒ぎが収まることはなかった。

一ヵ月後。

長安にて献帝より印綬を受け取り、滞りなく儀式を終えたインドカレーの前で臣下の礼をとるイザーク、劉福、虎彪B、京唄子。
 「以後、我々はインドカレー皇帝を主と仰ぎ、忠誠を誓います」
 「よろしくお願いします」
中華全土に恩赦が発せられる。
本日をもって中華は漢より国号「クミン」となり…インドカレーにより統一となったのである。

それからさらに数年。

 「お話とはなんでしょう」
ある日、皇帝執務室に呼び出されたイザーク、劉福、虎彪B、京唄子。
部屋にはいるとインドカレーの腹心だった…フイメイ、獅子、釣人、作造、蒼欄、クラ8世がいた。

 「みんな揃いましたね。実は…実権をフイメイに譲り、私は下がろうと思うのです」
 「…!?」
 「フイメイには話はすべてしてあります。蒼欄とクラ8世にも。もちろん反対されましたが…最終的には納得してもらいました」
 「納得なんてしてません。インドカレー様が戻られるまでの代理、ということで引き受けたのです」
憮然としてフイメイ。
 「まったく…今後はフイメイを主とし、外のことは大都督として蒼欄、中のことは丞相としてクラ8世に謀ってください。他、イザークを燕王、劉福を魏王、京唄子を呉王、虎彪Bを蜀王に封じます。釣人は大将軍、獅子は護軍将軍に任じます。作造は宮中護衛隊の隊長。以上、質問は?」
 「…なぜ…また急に…」
 「急ではありませんよ?イザーク。わたしも…そろそろ子育てがしたくなった。それだけです」
 「こ…!?」
 「もういい歳ですからね。子供を産み、育てるだけの体力があるうちに、ということです」
 「お相手は…」
 「これから決めます」
 「私ではないんですか?」
 「作造…まだそんなことを…」
 「しかし…」
 「とにかく。そういうことで。質問がなければ解散します。私が戻るまでよろしくお願いしますよ」
 「御意」

そして。
その後…インドカレーが宮中に戻ったと言う話はついぞ聞かなかった。
フイメイは皇帝の代理を立派に務め、よく中華を治めたと言う。

平和な時代の始まりであった…。

~孟獲くんの大冒険・第十四部~孟獲くん以外の大冒険legend、完~
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
スポンサードリンク
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
11
13
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/21 ドラスタ娘]
[08/21 ドラスタ娘]
[08/21 ドラスタ娘]
[08/21 七篠]
[08/21 NONAME]
プロフィール
HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
〇マイペースじゃないと生きて行けません。

〇基本的にインドア派。

〇でも酒とうまい食い物の為ならどこでも行きます。

〇ルックス、知識、経済力、運動神経全てママンの体内に置き忘れて産まれてしまいました。

〇いわゆる低学歴低身長低収入高脂肪。低スペック。

〇非モテ人生まっしぐら。

〇でも楽なので修正する気ゼロ。

〇オンライン推奨。

〇来世でがんばろう。
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]