忍者ブログ
日刊よしぞーplus:原則木曜、日曜はお休みです。

暗い道をテクテク歩いて戻る途中に気がついたこと。

帰りのほうが圧倒的に暗いにも関わらず、緊張感のなさは往路の非じゃない。
一度通った道だからでしょうか。

これだけツアーの回数を重ねていると「暗さ」というのはすでに恐怖心の引き金にはなりません。
なんといっても一番緊張したのはあの犬が吼えたとき、ってくらいですから。

若干大きくエスの字を描くようにカーブしている道。
次のカーブを抜ければ車を止めた入口…という所で、木々の向こう側からチラチラと明かりが見える。

(あー、イソか。遅くなったから迎えに来たのかな?)

でも一向に近づいてくる気配がありません。
暗くて距離感がつかめないので、見える位置まで出たときにライトを振ってみました。


アレ?
車の方へ走っていっちゃうよ?


なぜかイソは戻っていってしまいました。
なんだったんだろうww

何事もなく車に乗ったワタシの一言目。


「うー!寒い!!!」


よしぞ「いやー、寒いけどやっぱ星がきれいだねー。奥で犬に吼えられたよww」
一同「犬?」
よしぞ「うん、管理人だと思うけど人が住んでて、犬まで飼ってる。砂利を踏んだ音でバレタみたい」
一同「へー」
よしぞ「じゃ、行こうか


ココまで来て行かないなんてオジサン許しません。
さっきは持っていかなかったデジカメも準備して、いざ再侵入。


まずは現在地。
駐車場の看板です。


拡大写真↓
 
暗くて何がなんだか。
ライトを当ててフラッシュをたいてもこの程度。

ちなみに…師匠と麻実たんは超絶薄着。
零下の環境にいる服装ではありませんww

っていうか(イソも書いてたけど)懐中電灯くらい持って来ようよww

「暗いねー」
「寒いねー」

の言葉しか出てこないのは仕様です。
多分みんなの頭の中では

寒さ>星がきれい>暗さ>>越えられない壁>>>恐怖感

なんだと思います。
寒さって恐怖感を麻痺させるんですね。

肝試しが夏じゃないと盛り上がらない理由がよくわかりました。



拡大写真↓

先ほど携帯で撮影した小屋。
これといってなにも写りません。



あ、ちなみにいわく「オーブ」とか言われそうなものは腐るほど写ってますが、個人的にはオーブは心霊現象と思ってませんのであしからずご了承ください。

埃か、タバコの煙か(もちろんここでは喫煙してませんが)、はいた息のどれかです。
雨や雪が降ってればそれもアリです。

ぼやけて存在感が薄い感じがするのはただの焦点(ピント)の問題です。


このサイズだとわかりづらいかもしれませんが、中央の光点は木についてる「樹木名表示」の板です。
拡大写真↓


つづく。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
スポンサードリンク
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
11
13 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/18 七篠]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
プロフィール
HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
〇マイペースじゃないと生きて行けません。

〇基本的にインドア派。

〇でも酒とうまい食い物の為ならどこでも行きます。

〇ルックス、知識、経済力、運動神経全てママンの体内に置き忘れて産まれてしまいました。

〇いわゆる低学歴低身長低収入高脂肪。低スペック。

〇非モテ人生まっしぐら。

〇でも楽なので修正する気ゼロ。

〇オンライン推奨。

〇来世でがんばろう。
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]